今後は東北の女の子があつい?

震災に見舞われ、現在も復興中の東北地方
一方では、国からの莫大な予算を投じられて、復興バブルが現在も継続しています
後手後手に回った国からの予算ですが、やはり大きなお金が動いている事は事実で、復興バブルにあやかりたい人々が沢山集まってきています
今尚悲劇の真っ只中にいる東北ですが、お金の流入により、反して活気がドンドン増えていっています
又、日本海側の震災の影響が少なかった地域では、太平洋側に応援という形で活気を上げています

しかし復興に、お金が費やされるのは、殆どが男の仕事に限られてきてしまっています
土地や道路の整備、建物の取り壊しや、立替、新築など、殆どが男性の仕事ばかりです
復興で国の予算で行われる為、重労働を女性にさせる事は難しく、女性が仕事を求めて、関東、しかも、東京のような、住んで生活をするのが精一杯の都心ではなく、群馬などの、首都圏より、少し離れた群馬などに女の子が流れてきているようです