やはり高崎前橋?

群馬県の人口の多くを有する中心部、前橋市(県庁所在地)隣接する旧県庁所在地の高崎市が中心の県と言っても良いでしょう
しかし、高崎市は、古くから、大正時代まで中仙道と呼ばれる、新潟、長野からの中継地、宿場町として栄え、過去には大きな宿場町となり、高崎城の近辺は過去に賭場も開かれた中間地の大きな歓楽地でした。
現在でも、高崎市柳川町には、過去に歓楽地地としての面影を思わせる作りの家が極僅かではありますが、残っております

しかし、現在では、あくまでも噂ではありますが、近年過去に歴代の総理大臣を3人も出した街の為か、風俗などの歓楽街の健全化の動きにより、今はひっそりとした、閑静な街並みとなっております
過去には賭場などの、一斉取締り、現在も風俗店の取り締まり強化により、風俗、娯楽は壊滅的な状況という街となっております
現在でも、キャバクラや、ホストクラブなどの営業許可が殆ど取得できない地域として有名な町です

前橋も、第一次世界大戦時以降に、旧帝国主義により、過去に高崎城内にあった、県庁は、陸軍により、邪魔にされ、高崎城の出城とされていた、前橋城に、無理やり追いやられるという。過去に粗悪に扱われた経緯の元、現在の前橋市が誕生、県庁所在地になり、その後反映してきた地域の街となります

そのため、殆ど前橋市には歴史も浅く、振興された街のなっています
しかし現在は、県庁所在のため、沢山の人が集まり活気が有り、高崎市のように過去の街が無かった為、現在のように、街作りが容易であったとされています